東京の求人情報

子育て支援と一言で言っても、都道府県や市町村によってバラつきがあります。

国が行う一律のサービスとは違い、各市町村が独自の基準や方針を定めるため、どうしてもバラつきが発生してしまうのが現状です。

23区内だけで見ても、支援制度の差は一目瞭然です。

妊婦健康診査の公費負担は、厚生労働省が14回までと定めているので変わりありません。

ですが、子ども医療費の助成年齢は、ほとんどの区で中学3年生までとなっていますが、北区、千代田区は高校3年生まで助成対象となります。

認可外保育園の補助は平均2.2万円、月額0円から品川区の月額6万6千円までの幅広い物になっています。

主な私立幼稚園の補助は、その自治体によって対象者が様々です。

その他の金銭的支援として、港区は出産費用を60万円まで助成、中央区はタクシー利用券や共通買物券の支給等があり、こちらも多種多様で、幅広い助成があります。

これらをうまく利用することで、育児による金銭的、肉体的負担が軽減されると思います。